BOOST_PP_FOR マクロは汎用の横断的繰り返しの構築を表す。

Usage

BOOST_PP_FOR(state, pred, op, macro)

Arguments

state
初期状態。
pred
pred(r, state) という形の2項述語。 このマクロは 0 から BOOST_PP_LIMIT_MAG までの範囲の整数値に展開されなければならない。 BOOST_PP_FOR はこの述語が非0を返す間、 macro を繰り返し展開する。 このマクロは利用可能な次の BOOST_PP_FOR の繰り返しと、 現在の state と共に呼び出される。
op
op(r, state) という形の2項演算。 この演算は BOOST_PP_FOR によって、 利用可能な次の BOOST_PP_FOR の繰り返しと、現在の state と共に展開される。 このマクロは pred0 を返すまで、 新しい state を作りながら、 state に繰り返し適用される。
macro
macro(r, state) という形の2項演算。 このマクロは BOOST_PP_FOR によって、 利用可能な次の BOOST_PP_FOR の繰り返しと、現在の state と共に展開される。 このマクロは BOOST_PP_FOR によって、 pred0 を返すまで繰り返される。

Remarks

このマクロは次のシーケンスに展開される:
macro(r, state) macro(r, op(r, state)) ... macro(r, op(r, ... op(r, state) ... ))
pred, op, macro に渡される r の値は、 利用可能な次の BOOST_PP_FOR の繰り返しを表す。 _R 接尾辞を持つ他のマクロの仲間は内部で BOOST_PP_FOR を使っている。 例えば、 BOOST_PP_LIST_FOR_EACHBOOST_PP_LIST_FOR_EACH_R である。 これらの _R バージョンを使うことは厳密には必要ではないが、 (pred, op, macro に渡される) r の値をこれらのマクロに渡すことで、 最も効率的に BOOST_PP_FOR に再入することが出来る。
r の値を単純に他のマクロに渡すのではなく直接使うには、 BOOST_PP_FOR_r を見よ。
以前、このマクロは BOOST_PP_FOR の中で再帰的に使うことが出来なかった。 この制限は今は存在しない。 ライブラリは自動的に、利用可能な次の BOOST_PP_FOR の繰り返しを発見することが出来る。

See Also

Requirements

Header:  <boost/preprocessor/repetition/for.hpp>

Sample Code

#include <boost/preprocessor/arithmetic/inc.hpp>
#include <boost/preprocessor/comparison/not_equal.hpp>
#include <boost/preprocessor/repetition/for.hpp>
#include <boost/preprocessor/tuple/elem.hpp>

#define PRED(r, state) \
   BOOST_PP_NOT_EQUAL( \
      BOOST_PP_TUPLE_ELEM(2, 0, state), \
      BOOST_PP_INC(BOOST_PP_TUPLE_ELEM(2, 1, state)) \
   ) \
   /**/

#define OP(r, state) \
   ( \
      BOOST_PP_INC(BOOST_PP_TUPLE_ELEM(2, 0, state)), \
      BOOST_PP_TUPLE_ELEM(2, 1, state) \
   ) \
   /**/

#define MACRO(r, state) BOOST_PP_TUPLE_ELEM(2, 0, state)

BOOST_PP_FOR((5, 10), PRED, OP, MACRO) // expands to 5 6 7 8 9 10